自動車の査定額をできるだけ高くするには、、車を売却する時期、タイミングというのも大事なポイントです。所有する愛車を無駄なく処分することを思いめぐらせれば、、いくつかのポイントがある訳です。自動車の査定の留意点として重視されるところに走行距離があります。一般的に走行距離というのは車の消費期限と見られることも多くありますので走行距離というのは長いだけ見積もりにとっては欠点となります。走行している距離が500キロと6万キロでは普通は中古車の売値相場は変化してきます。通常は走行距離そのものは短いほうが車の査定額は高くなりますが、本当のところそんなに細かいベースラインはなく、一定の基準で査定額が算出されます。例えば、普通車の場合年間で1万キロが基準としてこの線を超えていると一般的に査定がマイナスとなります。軽自動車の場合年間8千キロがまた年式が古い割に走っている距離がとても短いケースでも査定額が高額になるとは限りません。普通は年式や走行距離に関しての査定のポイントは、年式にたいして適切な走行距離かどうかという点です。自家用車も例外ではありませんね。その車の年式というのも、自動車の査定の大切な要点です。きっちり理解しているんだというようなかたも多数だと思っていますが、年式が最近であるほど買取査定では有利なのですが、例外としてそれにプレミアが付いているものは、新しくない年式でもプラス評価で見積してもらえる場合もあります。次に車検です。当然、車検には費用が必要ですので車検までの期間が長いほど査定は上がると勘違いするのが普通かもしれませんがそれは誤りで、現実には車検時期は車の売却額査定にはあまり響くことはありません。外国の車、フルエアロの車不動車、というような中古車のタイプも査定に相関性してきます。車検に出す前は売却を検討するには望ましいと考えることができます。反対に査定を高額にするために車検の後に査定してもらおうとするのはお金の無駄、たいして評価されないということになります。それから業者にマイカーの査定を依頼し、売る時期として2月と8月が狙い目と言われている時期です。なぜかと言いますと、車買取業者の期末が3月と9月になっているところが多くあるからです。なので、例えば、1月に売るよりはもうちょっと待って2月に査定見積もりを専門店にしてもらって売るのも手です。自らの都合もあるので、皆が皆こういった時期を狙って売るわけにもいかないのが実際だと思いますができるだけこういった時期を狙ってみるとよいかもしれません。