本日は為替取引における根本的内容の説明をしたいと思います。為替相場というのは「目の前で持ち金の送金しない場合でも資金の受け渡しの望みを遂げる取引」を示します。日常的に為替相場といえば主に国際為替のことを言うという人がほとんどです。外為を簡潔にいうと両国のお金の取引をする事です。海外旅行(イギリス、アメリカ合衆国)をしたことがあれば、当然為替の取引の経験があるでしょう。どこかの銀行にて違う国のマネーに両替するのは、それこそが外国の為替です。為替市場というのは買いたいと思う人と売りたいと思う人の価格を表示するものです。銀行のやり取りによって確定されるものです。その銀行がマーケットメイカーと呼ばれる指定されたいくつかの銀行なのです。為替のレートはいろんな働きかけを受けつつ引き続いてリアルタイムに変わって行きます。為替のレートを変動させる要素とは、ファンダメンタルズがあります。ファンダメンタルズとは経済のベースとか様々な条件のことを言います。国ごとの経済の上昇や景気の状況、物価の水準、金融政策、経常収支、重要人物の一言などの要素が影響し合って為替レートは変化して行きます。ひときわ経常収支や無就業者数は肝心なところと考えられます。国際収支は、日本でいうと省庁(外務省)の委任で日銀が日本外国貿易統計を土台として書いた外国とのある時期の貿易を残したものです。この統計は行政機関や日本銀行のHPなどで見られます。雇用統計・失業者数も重要ポイントとなる原因です。ひときわアメリカの雇用者の統計はポイントとなります。月に一回公示され、調査内容が広いところが特徴です。為替のレートの推移は景気の動きを示しているのです。景気の変動を把握することにより為替の変化推測が可能となると言えます。