直接商品を買うのでないクレジットの方法は容易です。カードを経由してそのまま買えない物品を直接払うのではなく遠まわしにした方がより得策です。表現が簡明という理由で、先に券のモデルを見ながら説明してみようと思います。モデルになる若者が有名な銘柄のアクセサリーを欲しいと迷っているとします。使いたい素晴らしいコートを取り扱っている場所購入しようとしてもクレジットで払う事が許されていません。しかしVISA、NICOSなどの商品券によってなら取引する事を認めてくれるようです。だから人物はカードで商品カードを発注した後でギフトカードを売っている場所に訪ねクレジットカードを駆使してJCB、American Express、Diners clubなどのギフト券を買い取りしたとします。使ったクレジットカードを使用して買い取ったDiners clubなどののギフト券を売店に持っておもむき購入したかった有名な銘柄のコートを買ったとします。「一体なんでその若者は手間がかかる手続きをしてるの?」と疑問に思うかもしれませんが実際説明した手段を使用するならだと獲得する事がなかったカードポイントがつきます。通常通り、現金を払って有名な銘柄の服を買い取りしたりした時はクレジットポイントは得られませんし、VISA、American Express、Diners clubなどの券を直接お金で買い付けしてから用いてもカードポイントは手に入れられません。しかしながら今示したケースだとVISA、American Express、NICOSなどの金券をクレジットで買い付けしたという根拠により、有名な銘柄のアクセサリーを買い取りした時とつりあう数だけクレジットポイントが貯まるようになります。こういう事例が直接商品を買わずにキャッシングを運用した状態になるという根拠により直接的でないクレジットと呼ばれているやり方です。