あいにく現在では非常にまれな場合を例外として商品券の売店で買い物をしてもクレジットカードを利用する事が出来る販売店などありえません。アーセナル

この根拠から、JCB、American Express、Diners clubなどの商品券を利用した間接クレジットの方法はほとんど本当は用いることは不可能だろうと思います。

それならなにを駆使すれば間接クレジットカード使用が出来るのでしょう?と言われるとそのやり方とは現在皆知っている電子マネーといったEdy(エディ)、Smart Plus、またはICOCA、VISA Touch、nanacoなど。

実際、それらを使って直接でないクレジットをする事も出来るのです。

PASMO、Webmoney、QUICPay、またはnanacoなどはクレジットカードで注文するという事が可能な商品券◇PASMO、iD、Smart Plus、またはSuica、VISA Touch、nanacoなどに馴染みのない人からしてみると、手を出しづらい思いを思い描くかもしれませんが、こういった電子マネーというものは言葉にするならなんてことはないのギフト券です。

VISA、American Express、Diners clubなどのギフトカードと相違点はないものです。

またそういう電子マネーというものはクレジットカードを利用してたやすく買い付けする事ができるという事が利点であるのです。

さらにこういう電子マネーというものはオンラインゲームの支払い筆頭に、レストランや多種多様な売店などといった所でも駆使する事が可能になってきているようだ。

「当販売店の物を購入するにはクレジットはお使いにはなれません」と明記してあるような店においてもPASMO、QUICPay、またはVISA Touch、nanacoなどを使用するなら駆使できるケースが色々あるのです(クレジットポイントが多く貯められる)。

言い換えればカードが用いられない販売店でも直接でないようにクレジットを用いる技術でカードポイントを貯めてほしいというテクニックです。

普通に買い出しをする限りでは獲得できないクレジットポイントだから何としても運用してみてほしいのです。