自動車を買い取ってもらう際、それから売却の際も印鑑証明書が必要です。この印鑑証明というものについて解説していきます。印鑑証明とは、その印鑑が実印で間違いないという事実を裏付ける目的の書面です。これがないのであれば、その印鑑が実印として効力を持つという事実が実証できません。決して小さくない取引になる車の売買ですから、実印が必要になることになりますが、それとセットで印鑑証明が出てきます。印鑑証明を発行するためには、あらかじめ印鑑証明をしなければなりません。印鑑証明書に登録するはんこは通称、実印といい、この世に一つだけの判子であることが条件です。この実印を準備してお近くの役場の窓口に行けば、印鑑登録をすることができます。手続きが済むと印鑑登録カードなるものが発行され印鑑登録をした判子は実印になったということになります。印鑑証明書を発行してもらうためには役場の案内係へ出向き印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を記載して、印鑑登録カードを持って行く必要があります。それに自動交付機で印鑑証明の書類を交付することができます。印鑑証明そのものには有効期限などはありません。ですので、いつの印鑑証明であろうが証明書としての効力は続くことになります。ですが、自動車買取時には、必要となる印鑑証明は三ヶ月以内に発行された書類とされています。基本的には有効期限などはありませんが中古車の買い取りの際は買い取り先が必須となる有効期限を定めていますので、もし車の売却を予定しているなら最初に持っておくことが望ましいです。