重量税は国産メーカーの車あるいはアメ車という愛車の生産国やハイブリッドカー、1BOX車という車体に例外なく、マツダやBMW、などにも同様に負担が必須な税なんです。

新車を登録するさい、または定期車検の時に支払うものになります。

金額はそのクルマの重さにより決まっています。

「自動車重量税」と「自動車税」では全く違う税なので、きちんと理解をして混同しないようにしなければなりません。

「自動車重量税という税金は自動車の大きさによって」「自動車税というものはクルマのリッター数で」その税額が違います。

それにより、売却時の待遇も異なってきますので、注意が必要です。

車の売却の際には支払った車の税金がどれだけ残っていたとしても、その税金が戻ってくることはないです。

一方自動車税の時は、既に納めた額を売却額に上乗せしてくれる事例がなくはないですが、重量税の場合は上乗せになるといったことは全然ないでしょう。

重量税の場合は、手放す際に納付済みの額が残存しているからと言って車業者側でそれが材料になることは少ないと思います。

そのため次の支払い、分かりやすく言えば車検まで処分を少し待ち買い取ってもらうのが一番良いでしょう。

中古車の売却時は考慮してもらえない重量税でもある条件のケースだと還付されることもあります。

この事例というのは車検の効力が残っている車を廃車として処理する時。

というのは、廃車登録をした時に残存期間に応じて税金が返ってきます。

ですが、自動車の買い取りの場合はその車が廃車されるわけではないので還付されません。

さらに手放す自動車の名義を変更してしまった場合や、盗難にあった際も返金してもらうことは不可能です。

重量税の残っている期間がある愛車を売るということは、車検がまだある中古車ということです。

それを買取店も配慮しますから重量税の残存期間があればある程度買取額が上乗せされると思います。

当たり前ですが買取金額は買取業者次第で変わりますが車検が残っている事実を考慮していただければ、手放す車の査定額と比較するとそれほど払い損と考えることもありません。