FX取引をはじめたばかりの方が為替の要を探すためにはまず初めにトレードを積み重ねていく事が大事です。マイクレ

特に、直前に危機を避けれるようにするようになるには、負けを重ねる事も大切です。郵便局の貸付制度を利用して400万円弱のお金を借りました

ただし、マイナスになるといっても元に戻せないほど大きなミスをする事は許されません。

やり直しが効く失敗を数度経験することが、あなたの場数を増やす事が出来ます。

こう考えるととりあえずはわずかな額で投資して、いくつか取り返しが付く間違いをすることを推奨します。

仮に、100万円だけしか投資する事が出来ない方が、よく考えずに全額投入して売買するとマイナスになった時、その後再起できなくなってしまう怖さがあります。

それより、資金の1割ずつ分割して売り買いしてこれによって売ったり買ったりを重ねた方が次第にマイナスをカバーする方法なども学んでいくはずです。

まず少額資金で売買する事の利点は、先ほど書いたように、自分の経験値を高めミスを減らす方法を学んでいく事にありますが、それと合わせて、トレードの回数を増やすことによって危険を減らせるという良いところもあります。

一例として、1回だけの注文で儲けられる確率が5割だと考えます。

すると、同じく50%の確率で損するリスクもあるということになります。

勝率50%ということは半分半分の率でプラスになる事を示しています。

ところが、全財産を賭けて1回こっきりのエントリーをするということは100%の勝ちか、100%の負けかのいずれかになってしまう。

これはたんに1度の丁半バクチと同じです。

言い換えれば、全てのお金を投入して1回だけしか勝負しないとその分だけマイナスになる割合が大きくなります。

それだけに、資金を全て賭けるのではなく、少しずつ分けて、投資機会を積む事がリスク分散となる。

数回に分けたとしても、全てのトレードで儲ける事は重要ではありません。

正しく言うと、勝利できないのが本当のところです。

投資で必要なのは勝ち負けの回数ではなく、どれほど儲けるかです。

勝率が2分の1でも、例えば勝率5割以下でも利益を出す事は出来ます。

5割以上負けても損失が少なければわずかな勝利の儲けでかなり稼げます。

そのために必要な事は、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を覚えておく事です。

損益が出たら素早く損切り注文してそれとは反対に稼げる場合は出来るだけ大きく儲けることが、FX取引初めての方がFX投資で儲ける極意といえる。