FX投資の書籍では「損をした場合はナンピン買いをすることで全体の買い付けコストをコントロールする事が出来る」などと助言されていたりしますがこれには大きな危険がある。エステティックソシエのお試し体験

はじめに、ナンピンの原理について記述しておきます。コラーゲン とは?

例として1ドル100円でドルを買ったとする。郡山市バイク買取業者|こちらで査定額をチェック!

$買いですから円安ドル高に動くほど利益を得られますが運悪く1ドル=95円まで円高ドル安が進んだとします。レイク カードローン

この場合ポジションを維持し続けたら、損失が戻るためには、5円分円安ドル高に向う必要があります。ソワン 口コミ

誰もが、赤字は早急に回復したいと考えます。http://xn--ecknzv5fxdvcwb5br6qw732b.site/

このためはじめに売買したのと同じ額のドルを、1ドル95円で取引します。即日キャッシング システム

そうすると、全体の買い付け価格は1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。本当に効くダイエット系サプリ

その結果、2.50円の幅でドル高に推移すれば損失を取り戻す事が出来ます。酵素ドリンクダイエット 40代

こういったことがナンピンの理屈です。http://tintin-movie.jp/

このとおり、ナンピンの仕組みを聞くと、「まちがいない」と思ったりするが、為替はそう易々と思うようにはいきません。

だいたい、1ドル95円が下値だということなど、誰にも分かるはずがありません。

仮定として、相場が相当に強いドル安基調だったら、95円では下げ止まることなくより一層円高ドル安に向う危険性はあります。

ひとつの例として、97円50銭でナンピン買いをした時に95円までドル安に向ったら、ナンピンをした分についても損失が生まれることになってしまいます。

そういう状態では一番初めに持ったポジションとトータルでより大きな損が生じます。

この例のように、ナンピンはややこしいです。

それならば、為替相場が自分自身の物語とは逆の方向にみるみる向ってしまった場合、どういう手法で危機の確率を軽減すればいいのでしょうか。

この場面では選べる方法は限られています。

ひとつはあきらめて、損を確定する事です。

もうひとりは今現在、保有しているポジションを少なくする事によって改めて為替が回復するのをひたすら待機する事だけです。

消極的なやり方だと思う方もいるでしょう。

けれども、自分が保持しているポジションに損失が出た場合効果のある手段はこの他にはあるはずがありません。

理論上はナンピンという対策もあるように思える。

しかしながらナンピンは、あなた自身が損をしている場面で、買いポジションを整理するどころか、遂にポジションを重ねていく考え方です。

これでは、危険性を避けることなど、到底不可能だと思ったほうがいいです。

ナンピン買いを続ける事ができればいつの日にか儲けが出るかもしれません。

だがしかし、それより先に投資資金がショートしてしまうだろう。