自動車の(全損)とは名称通り全てが破損してしまう状態で言い換えれば走行することができないという状況の自動車としての働きを満たせなくなった状況で使用されますが、自動車の保険で言う【全損】は少なからず同義ではない内容が込められていたりします。債務整理 司法書士事務所

乗用車の保険における乗用車が壊れた状況で全損と分損のように2つの結果に区分され『分損』は修理の費用が保険金でおさまる場面を示しそれとは逆に全損とは修復の費用が保険金より高くなるケースを言います。

一般的に、乗用車の修理で『全損』と判断されると車の心臓、エンジンに重大な損傷が起こったり乗用車の骨組みが曲がってしまったりして修理が難しい場合、リユースか廃車と結論付けられるのが常識です。

事故の後に販売会社や自動車保険会社がこの修復のお金を見積もりした場合に、例え見た目が美しく修繕ができる場合でも修復のお金が補償金よりも高ければ何を目的として乗用車の保険加入しているのか分からなくなるでしょう。

そのような場合では、【全損】と結論付けて愛車の所有権を自動車の保険屋さんに譲り保険金を支払ってもらうシステムとなっています。

当然の事ですが長年使用した車でこだわりがあり、自分で費用を出して修復して使用したいと思う車の所持者多数いますから場合にて保険会社と意見交換するといいかもしれません。

もっといえば、自動車保険ではこのような場面が考えられていて車両全損時諸費用補償特約などの全損の時に特約つけている場合が存在し万が一自家用車が【全損】なっても新規購入等の経費を多少なりとも払ってくれる場面も存在したりします。

尚盗難時保険の特約をつけているととられてしまった車が発見できないケースでも全損と扱われ、補償金が支払われるようになっています。